Research Institute for Multimodal Sensory Science (RIMSS)

マルモロゴ-full

マルチモーダル研究所 --神奈川大学プロジェクト研究所--


 
私たちは日常生活において,顔を見ながら声を聞く,ボールを見ながら触るといったように,1つの対象・事象から複数の感覚情報を得ている.近年,こうした2つ以上の異なる感覚モダリティ間でどのような相互作用が生じるか,また,どのように1つの知覚へと統合されているのかに注目が集まっている.
 神奈川大学では、触覚関連においては連動PHANToM、64X32触覚ピンディスプレイ、3Dプリンタなど、視覚関連においては120度広視野立体像提示装置、Eye Tracker & Head Trackerシステムなど国内外を通しても触覚と視覚に関する研究設備はトップクラスにある。
 このような研究設備を有効に活用し、これまでに蓄積してきた研究のノウハウを投入し、産学が共同しつつ健常者、疾病者、高齢者、障害者のQOL向上を志向する生活環境整備に関する基礎・ 応用研究を行う。特に応用面に力点をおき、具体的な検査法、補助代行技法をまとめ提供することを目的として本研究所を開設する。



設置期間:2014年4月1日〜2019年3月31日
設置場所:神奈川大学横浜キャンパス 11号館1114室